スポンサーリンク

【尾松大義】首を絞めるなどの体罰で大阪市立中学校の教師を逮捕

中学1年の生徒の態度に腹を立て、首を絞めるなどの体罰でけがをさせたとして、
大阪府警此花署は18日、傷害容疑で大阪市立中学校の教師尾松大義容疑者を逮捕した。

今回は尾松大義容疑者について調査していこうと思います。
また、以前にも似たような問題を起こしていなかったかも調べていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

尾松大義容疑者のプロフィール

  • 名前:尾松大義
  • 年齢:33歳
  • 住所:大阪府豊中市東豊中町
  • 職業:教師(中学)

大阪府豊中市東豊中町の詳細な位置情報はこちら

問題の起きた大阪府の市立中学校

現在、尾松大義の勤めていた中学校が明らかにされていました。
今回問題が起きたのは大阪市立此花中学校です。

詳細な位置情報はこちら

事件詳細

「暴力は振るったが、首は絞めていない」と話し、容疑を一部否認しているという。
逮捕容疑は8日午前11時半ごろ、中1の男子生徒(13)に体罰を加え、首に約10日のけがをさせた疑い。

同署や大阪市教育委員会によると、尾松容疑者は生徒の担任で、
別の教師の授業中に怠惰な態度を取ったことを休み時間に注意していた。
反省の様子がないことに立腹し、平手打ちをしたり、
相撲技の「のど輪」のように首を絞めたりしたという。
首に痕があり、生徒の母親が警察に被害届を出していた。 (引用元:時事通信社)

どうなんですかね。
中学1年生の男子ってホントにおいうこと聞かないですからね。
教師が一方的に悪者にされるというのも違う気がします。

以前にも懲戒処分が!?

大阪市教育委員会によりますと、
尾松教諭はこれまでにも生徒の頭をたたいたり、
胸ぐらをつかんで倒したりして懲戒処分を2回受けていました。
大阪市教育委員会の山本晋次教育長は
「早急に事実確認のうえ、厳正に対処するとともに、服務規律の確保を徹底していきます」
とコメントしています。(引用元:時事通信社)

以前にも体罰をしていたことがわかりましたね。
こうなると教師側に非があるようにどうしても感じてしまいます。
同じように感じる人がほとんどだと思うんですよ。

しかし、実際の現場の状況はわからないですからね。
真実を知っているのは教師と生徒の2人だけですから、、

ネットの声

・義務教育というのは、社会でいうと警察のいない世界と一緒。
何をしても退学にはならない。刑事事件でも起こさない限り罰がない。

なんらかの規定や線引きをして、出席停止や例え義務教育であっても本人が、
その権利を放棄するなら退学があって良いと思う。
でなければ、この問題は解決に向かいにくいと思う。

・生徒が悪くても手をあげたらアウト。
この部分で守って貰えない教師は可哀想だなとは思うけれど、
一方でイジメを解決出来ないどころか助長したり能力不足な教師も多い。

何をどう動いたら良い方向に進むのだろうね。難しいね。

まとめ

ネット上では
先生を一方的に攻め立てるもの、
今回の体罰はやりすぎだとしても、先生にそこまでの落ち度はない。
社会に訴えかける人など様々でした。

私の意見としては、そうですね。
いまの社会に存在している学校のルールが良くないと感じます。
実際に、小中学校時代には
先生側に教師という立場があるというのを利用して
好き勝手するような輩は少なからずいました。

そんな生徒に先生は何もできないんですよ。
親に注意するくらいなもんです。どうしようもないんです。

今回調査を進めていく中で
尾松教諭はこれまでにも生徒の頭をたたいたり、
胸ぐらをつかんで倒したりして懲戒処分を2回受けていたこと。
が判明したので、少し怪しいところではありますね。
33歳で3回も大阪市教育委員会に報告がされているんですから、多い気がします。

私が一番伝えたいのはこの問題を『教師が悪い』で片付けてほしくないってことです。
なにか新たな対策を講じないと教師がいなくなっちゃうます。
今の社会にあった仕組みに、、

スポンサーリンク
スポンサーリンク
時事
ごんごんをフォローする
スポンサーリンク
gongonblog

コメント