スポンサーリンク

【向かいのバズる家族】3話視聴率あらすじ感想!だーりお生配信

映画・ドラマ

内田理央主演の【向かいのバズる家族】が2019年4月4日、スタートしました。今回は2019年4月18日に放送された【向かいのバズる家族】3話の視聴率・あらすじ・感想について。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【向かいのバズる家族】3話あらすじ

あかり(内田理央)の動画がバズってから数日経ち、SNSでのあかりのフォロワーはすでに1万人を超えていた。あかりのSNSには「付き合いたい」などの告白のようなコメントが寄せられるようになっていた。桃(小川紗良)に生配信を勧められる。そうすればもっと生のあかりのことを知ってもらえると。ボロを出したくもないあかりは生配信をすることに否定的だが……そんな中、涼太がカフェにやってくる。すると、あかりの前に穂村真斗(黒羽麻璃央)が現れる。あかりに話しかける穂村を見て嫉妬に燃える涼太は、再びあかりを食事に誘う。その夜、涼太の店であかりは涼太から告白される。告白を素直に喜ぶあかりだが、バズりが落ち着くまで返事を待って欲しいと涼太に伝える。涼太にも迷惑がかかるし、こそこそ隠れて付き合うのは嫌だと。涼太は「ずっと待っています」とあかりの思いを汲み取るが……

そんな時、桃から着信を受けたあかりは、急いでカフェに戻る。桃は穂村真斗がカフェに来たとの内容を自身のSNSアカウントに投稿してしまっていたのだ。有名人気分で舞い上がっていたことを自覚したあかりは、桃と伊勢谷(永野宗典)に「一晩考えてみる」と帰路につく。あかりが帰宅すると自宅には祖父・清史(小野武彦)が遊びに来ていた。あかりは清史を駅へ送り届けながら相談する。大勢からの人気とたった一人からの愛情と。ちやほやされたい気持ちを捨てきれないあかりを肯定する清史は「けじめをつける時は必ずやってくる。その時に、自分に嘘をつかないことだ」とあかりに告げる。再び帰宅したあかりに、母・緋奈子(高岡早紀)は日中に生配信をしてフォロワーさんにより私のことを知ってもらえたと楽しげに話す。生配信を勧めてくる緋奈子に「やらないよ」と言ってはみたものの、あかりも1万人のフォロワーにもっとちゃんと自分のことを知ってもらいたい。涼太のことを公言したい、こそこそと隠れずちゃんと付き合いたい。清史の「けじめをつけるときは必ずやってくる」という言葉が脳裏を駆け巡り、ついに覚悟を決めるあかり。

今回話題になったのがTVとInstagramを連動させていたことです!
これには私も他の視聴者さんも大興奮でしたね。

あかりは桃や伊勢谷、涼太、そして1万人を超えるあかりのフォロワーに、「1時間後、ライブ配信をします」と知らせる。緊張とともにあかりの生配信が始まる。すでに視聴者数は5000人を超えている。カメラの前で桃の投稿のことを謝罪したあかりは、もっと自分のことを知ってもらいたいと視聴者から質問を募る。「彼氏いるの?」「付き合ってください」などのコメントを避けながら質問に答えるあかり。視聴者数はあっという間に1万人を超えた。「1万人超えおめでとう!」などのコメントが届く。1万人以上もの人からの愛情を一手に受ける感覚に、あかりは高揚する。
配信も終わりに近づき、「私には今好きな人がいます」と決意の表情で話し出すあかり。予定通り、流れは順調である。あかりの脳内では、大歓声の渦の中、ステージ袖にスタンバイしている涼太の元に歩み出すあかり。しかしその瞬間、あかりは涼太の奥に立つ人影に気がつく。あかりのとった思わぬ行動とは……。

【向かいのバズる家族】3話視聴率

情報が入り次第追記いたします。
1.9%。

【向かいのバズる家族】3話感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク
映画・ドラマ
ごんごんをフォローする
スポンサーリンク
gongonblog

コメント