スポンサーリンク

【向かいのバズる家族】2話視聴率あらすじ感想!バズ舞

映画・ドラマ

内田理央主演の【向かいのバズる家族】が2019年4月4日、スタートしました。今回は2019年4月11日に放送された【向かいのバズる家族】2話の視聴率・あらすじ・感想について。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【向かいのバズる家族】2話あらすじ

 “裏の顔”であるナマハゲチョップの動画投稿を続けていたって、バレなければ大丈夫……、そう考えていたあかり(内田理央)。SNS上であかりの動画がバズってから早3日。今日もお店は大繁盛。店中からあかりに注がれる視線。しかしそれは好意的なものばかりではなくて……

 同じ頃、あかりの父・篤史(木下隆行)は頭を抱えていた。『少年スナイパー 新平!』第1話は予想通り炎上、更にそんなタイミングで主演俳優・穂村真斗(黒羽麻璃央)がSNS上で一般女性の動画に反応し、火に油を注いでいた。困り果てた篤史はドラマが終わるまでの3ヶ月間、一切SNSを見ないと宣言する。

しかし篤史は知らない。穂村が反応した一般女性こそ、他ならぬ、自分の娘・あかりであることを。。自分の人気に浮かれ調子のあかりは、SNSにアップする桃(小川紗良)との自撮りの写りを妙に気にする。そんな中、一人の女性客があかりに吐き捨てる。「ちょっと可愛いからって調子に乗らないでください」、その言葉にさらにまた浮かれるあかりだが。。

母・緋奈子(高岡早紀)は料理教室の他の参加者奥さんたちに自分の料理動画を得意げに見せていた。緋奈子もまた動画の人気に浮かれていた。そのセクシー過ぎる衣装にたじろぐ奥さんたちを、緋奈子は気にも留めない。緋奈子は子供の成長とともに料理を作らなくなり、生活のハリを失っていった。そんな緋奈子の承認欲求を満たしてくれたのがSNSだったのだ。緋奈子は投稿動画についた『奥様の手料理食べたい』などのコメントを見てイキイキとしている。

一方あかりも、桃とのツーショットについた『マジ天使』などのコメントを見てほくそ笑む。自分に熱狂する全ての人たちは、まるで自分を引き立てる大観衆。「私は、私を必要としてくれる場所でこそ、咲く花」という言葉を皮切りに、まるでミュージカルのヒロインとしての幻想の中、ステップを踏み出す。あかりと緋奈子のステップはリンクし、「私は バエたの バズったの」とミュージカル調の曲に合わせてそれぞれ歌い踊り出すと、声高らかに一曲歌い上げる。

 しかし、ミュージカル調の曲が後奏に差し掛かったところで、あかりは現実に引き戻される。バズった動画の原因にもなったロコモコ親父・種崎(森下能幸)がカフェにやって来たのだ。種崎は動画がバズってから会社や自宅に嫌がらせを受け、もう今の会社を辞めざるを得ないと話す。種崎の言葉に罪悪感を覚えるあかり。

 そんな時、あかりは伊勢谷のスマホに流れる料理動画を見て目を疑う。映っているのは緋奈子だ。しかも目に余るほどのセクシーな衣装で。あかりは怒りと恥ずかしさのあまり店を飛び出た。あかりは緋奈子に動画の投稿をやめるように言うが、軽い調子で受け流す緋奈子。あかりの言葉に聞く耳を持たない緋奈子は挙げ句の果てに「私に嫉妬してるんでしょ」とすら言い出す始末。ネットの恐ろしさを、緋奈子はわかっていないのだ。

そんな緋奈子にあかりもヒートアップする。自分がバズった動画を緋奈子に見せ、嫉妬なんかさらさらしていないことを話す。が、緋奈子を心配する傍らで自分の人気に影響を及ぼすことを心配していたことをまんまと緋奈子に言い当てられてしまうあかり。

一方、薪人は緋奈子の動画のことを知っていた。「別に匿名で誰かを攻撃してストレス解消してるわけじゃないし」と緋奈子を容認する薪人に、あかりはギクリと言葉を飲むのだった。。そんな中、篤史はまだドラマの炎上騒動に頭を悩ませ、SNSでエゴサーチしようとしては逡巡、葛藤していて。。

あかりはまた“裏の顔”ナマハゲチョップの動画撮影、投稿でストレスを発散させている。その帰り際、カラオケ店員に素性がバレそうになったあかりは足早にその場を去る。SNSでバズり、コメントももらい、皆戸涼太(白洲迅)との仲も順調な今、絶対に誰にもナマハゲチョップがバレるわけにはいかないのだ。。足早に帰路につくあかり。あかりが横切った、一軒の店。店内にいる40代前半ほどの女性・菅野橙子の元にトイレから戻ってくる男の姿。紛れもない薪人だ。薪人は橙子に微笑みかける、家では見せない笑顔で。。

【向かいのバズる家族】2話視聴率

情報が入り次第追記いたします。
2.7%

【向かいのバズる家族】2話感想

ネットの声


カフェの女の子はだれ!?

【向かいのバズる家族】がSNSは題材としたドラマなのでいつもに増して、ネット上での反応が気になるところです。今後もSNSでの反応には、注目していきたいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
映画・ドラマ
ごんごんをフォローする
スポンサーリンク
gongonblog

コメント