スポンサーリンク

まだ結婚できない男1話あらすじネタバレ感想まとめ【無料視聴】

映画・ドラマ

本記事では、【まだ結婚できない男1話】を視聴しての感想とあらすじを書いていきます。筆者は前作を見ているということもあり、一緒に共感できるような場面も多いのではないかと思います。前作を知らない方も楽しむことのできる内容のドラマになっています。このドラマを見た後にはきっと前作を見たくなってしまうかもしれませんが。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まだ結婚できない男あらすじ

このドラマの主人公である桑野信介は腕のいい建築士。偏屈で皮肉屋でプライドが高くこだわりもちょー強い。「結婚に価値を見出せない」「無駄なリスクは背負いたくない」など結婚願望の全くない50歳の男。それでも食と音楽を楽しみながら気楽なシングルライフを送っていた。

そんなある日、エゴサーチをしていると、桑野を批判しているやっくんのブログの検索ランキングの順位が上がっていることに気がつき、桑野は怒りをあらわにしていた。近所でたまたま事務所している弁護士の吉山まどか(吉田羊)に相談する。そこで弁護士のまどかにやっくんブログの削除申請を依頼。後日、まどかの弁護士としての実力を測るため裁判所を訪れる。桑野以外にその裁判を傍聴する人は誰もいないのだが桑野はそんなことはお構いなし、離婚裁判を傍聴するのであった。

まどかは、夫からの離婚の申し出に同意しない妻・岡野有希江(稲森いずみ)の代理人で原告である夫の浮気が争点になっていた。しかし、浮気の証拠はなく、有希江は圧倒的不利な状況であった。閉廷後、偶然トイレで原告の夫と弁護士の話を聞いてしまった桑野は、有希江に余計な口出しをしてしまう。

一方、桑野が暮らすマンションの隣の部屋には、若い女性、戸波早紀(深川麻衣)が引っ越してきた。桑野は流しそうめん器に興味津々。戸波からしたらそんな怪しい桑野と会話を続けることもなく、1話では「これはなんですか?」「流しそうめん器です」「!?」「楽しいですか?」「はい、、、」で終了してしまった。戸波は家の外にいるときにはサングラスとマスクを必ず着用。なにか怪しい雰囲気を匂わせる。

大工の棟梁と相変わらずけんかしているとき、傍聴していた離婚裁判の旦那が浮気相手とマンションに入っていくとことを目撃してしまった。翌日、まどかの事務所に相談に行くのだが、桑野が伝える前にまどか知り合いの撮影した浮気現場の写真がまどかに送られる。その写真には桑野が浮気旦那から現金を受け取っている姿が!?もちろん桑野は受け取ってなどいないのだが。まどかから「どうしてすぐに教えてくれなかったのアか」と問い詰められるが、桑野には講演の予定があり逃れようとする。そんなことをまどかが許すはずもなく桑野を会場に送迎する最中でも話は続いた。

途中まどかが目的地を間違えるトラブルもあったが、無事に会場に到着。講演はまどかには彼女の未婚や仕事の展望の話で少々怒りをかうが、岡野有希江(稲森いずみ)は桑野の講演に勇気づけらえて未来に対して気持ちが前向きになったと桑野に対して好印象。今後、桑野と岡野の関係がどのように展開していくのだろうか。

最後は気になっていた流しそうめん器を購入しており、1人で流しそうめんを楽しんでいた。

懐かしのシーン多数

コンビニで「スプーン要りますか?」「いりません(スパッ)」「ポイントカードお持ちでますか?」「ありません(スパッ)」って聞かれて不愛想に返事するシーンとかむちゃくちゃ懐かしいなあって。感動するシーンがコアすぎますかね?(笑)前作の結婚できない男を視聴していた方なら共感するポイントがたくさんありましたね。いまだにポイントカード作ってなかったのかよって思わずツッコミを入れてしまいました。ちなみに前作ドラマはAmazonプライムに登録することで無料で視聴することが可能ですよ。

前作を知っていなくとも桑野の独特なキャラにハマってしまう人は最近の人でも多いのではないでしょうか。阿部寛さんの表情や細かい動きなどから濃ゆいキャラクターを上手に表現されているんですよね。

お馴染みの俳優さんたちも多数


桑野さんのアシスタントだった村上さんが建築家として成長して登場していました。今作ではアシスタントだった村上英二が建築家として成長し独立しています。あれだけ桑野さんに振り回されていたのにそれでも同じ事務所で働いているんですよ(笑)。事務所には村上のアシスタントも増えて随分にぎやかになりました。

桑野さん唯一の友人でありよき理解者でもある。桑野さんの妹の旦那さんでもあるので関係が深いです。今作でもそのポジションは変わらなそうだなと思いました。しかし奥さんとの関係が上手くいっていないのでは?と中川さんの浮気を匂わせるようなシーンもあったりして。今後の展開が気になるところです。

桑野さんのお母さんのおせっかい焼きはだいぶ収まったかなという印象でした。桑野さんも50歳過ぎですからね。でもやっはりあのマイペースキャラは今作でも健在です。

あとは大工の棟梁ですかね。相変わらず2人は会うたびに建物の施工のことでもめてました。この人は勝手に設計変えちゃうんですよね。そこも相変わらずなんです。それでも毎回桑野さんが設計する家を建て続けるという。

桑野のキャラは相変わらず


前作の1話目に桑野が1人でステーキを食べているシーンを思い出しました。

ネットでの反応は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
映画・ドラマ
ごんごんをフォローする
スポンサーリンク
gongonblog

コメント