スポンサーリンク

飯塚幸三(いいづかこうぞう)87歳が東京都南池袋で暴走運転!

時事

東京・池袋で19日昼、87歳の飯塚幸三が運転する車に通行人が次々とはねられ、31歳の母親と3歳の娘が死亡した。運転していた飯塚幸三さんは周囲に運転をやめる意思を示したことがあったという。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

飯塚幸三のプロフィール

  • 名前:飯塚幸三
  • 年齢:87歳
  • 住所:不明
  • 職業:旧通産省の元工業技術院長、農機大手クボタの副社長も務めていた。
  • 容疑:過失運転致傷

事件詳細

各メディアの報道によると、80代男性が乗用車を運転。1カ所目の横断歩道で1人をはねた後、約70メートル離れた交差点の横断歩道で9人はねた。交差点から出てきたごみ収集車とぶつかったという。警視庁は乗用車が信号無視をした可能性があるとみている。
■事故を起こした乗用車も原形とどめず
現場は見通しのよい丁字路交差点。事故発生直後からツイッター上には、現場の写真が相次いで投稿されているが、その光景は、衝突の激しさを雄弁に物語るものだ。被害者のものだろうか、横断歩道には帽子が転がる。その近くには自転車の前部分だけが横たわっていた。乗用車に突っ込まれた青いごみ収集車は右側に横転。フロントガラスはほとんど破壊され、車内の様子があらわに。やはりガラス以外のフロント部分も大きく破損し、内部の部品がむき出しになっている。収集車の周辺では、ペットボトルやビニール袋のようなものが散乱していた。高齢男性が運転していたとみられる乗用車のバンパー付近は剥がれ、ボンネットは膨れ上がるようにぐしゃぐしゃとなっていた。フロントガラスには真っ白にヒビが入り、ヘッドランプも目視できないなど、原形をとどめないありさまだ(引用元:J-CASTニュース)

事故の目撃者による証言

事故の目撃者:(車が)猛スピードでビュンと来て、一瞬だからよく分からなかったが何事かと思ったらキャーっと聞こえたので外に出たら人が倒れてた交差点で乗用車にぶつかられ横転したごみ収集車の周りには運んでいたとみられるごみが散乱していた。87歳の男性が運転していた乗用車はフロント部分がつぶれ大破していた。何よりも事故の衝撃を物語るのは、死亡した母子が乗っていたとみられる前輪部分と後ろの部分が真っ二つとなった自転車。

事故の目撃者:トラックが横転してて近づいてみたら何人か倒れてて、子供も…チャイルドシートもあって悲鳴も聞こえた現場には麦わら帽子と子ども用のヘルメットが残されていた。現場はJR池袋駅から1kmほどの場所で近くには豊島区役所などがある人通りの多い交差点。目撃者によると突っ込んできた車は信号無視だったという。

事故の目撃者:間違いなく信号無視。そのままノーブレーキで次の交差点まで一気に。(時速)100km近いと思う乗用車を運転していた男性は実は直前にも事故を起こしていた。池袋から護国寺方面に走っていた乗用車は一つ手前の横断歩道で男性1人をはねたあと70m直進。そこで自転車をはねた後、右折してきたごみ収集車と衝突した。

目撃者:ぶつかって(ゴミ収集車が)倒れるのは見ました。その瞬間に人も自転車もバタッと倒れていった。何人か。男性も女性もいた

警視庁は男性を過失運転致傷の疑いで任意で調べていて男性は容疑を認め「アクセルが戻らなくなった」と話してい(引用元:FNN)

超高齢社会が深刻な問題となっている日本でこの事件は大変注目すべき問題である。政府は一刻も早く自動車免許の返納制度などを整えるとともに、自動車を運転しなくても生活できるような環境をつくっていくべきだ。

ネットの声

スポンサーリンク
スポンサーリンク
時事
ごんごんをフォローする
スポンサーリンク
gongonblog

コメント